初めてでも簡単!Amazon(アマゾン)での商品販売方法

お金稼ぎ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こんな人におすすめ
  • Amazonで商品を販売したい人

こんにちは、まる(@maru_mo72)です。実はAmazonで、自分の持っているモノを販売できることを知っていますか?ここでは、その方法について画像付きで、優しく説明しています。

Amazonについて

Amazonは超有名なインターネットショッピングサイトです。

その知名度から、集客力はすさまじく日本人の10人に1人は利用しているといわれています。私もよく、Amazonでお買い物をしています。

 

スポンサーリンク

 

Amazonでの販売方法

Amazonでの出品は少々独特なので、他のフリマアプリなどでの出品経験がある方でも戸惑う方が多いと思います。
まずは、Amazonへ行き、販売したい商品を検索します。(Amazonの会員登録が必要です)

検索して出てきたページの「マーケットプレイスに出品する」をクリックします。

すると、このような画面が出てくるので、Amazonのアカウントを持っている方はログインしてください。

※アカウントを持っていない方は、Eメールまたは携帯番号を入力して、「初めて利用する」にチェックを入れて「サインイン」をクリックします。

あとは、画面の指示に従って必要事項を入力するだけです。

アカウントを登録したら、「小口出品」で登録してください。

ログインすると上の画像のような画面が表示されます。

コンディションは、販売する商品に当てはまるものを選択します。

コンディション説明は出来るだけ詳しく、商品の状態を記入してください。

傷や汚れの有無の記載は必須です。

後々、トラブルにならないように傷や汚れは大げさに記載するくらいでいいでしょう。

在庫には、販売したい商品の数量を記入してください。

出品者SKU画像では、「商品の画像の選択」をクリックして、掲載したい画像ファイルを開きます。

画像は、傷や汚れなどがある場合を除いて、基本的に掲載しなくてもいいです。


販売価格には、自分の販売したい金額を入力します。

他の出品者の最低価格が掲載されているので、価格を決める際の参考になります。

出品者SKUは、出品者用の管理IDのようなものです。

特別な理由が無いならそのままでいいでしょう。

提供する配送オプションは、「商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)」にチェックします。

最後に、料金を計算をクリックすると、「配送料」、「手数料」、「入金額合計」が表示されます。

「配送料」は、アマゾンから「配送料として使ってね」ということでもらえる金額です。

「手数料」は、アマゾンに手数料として引かれる金額です。

「入金額合計」は、商品が売れたときに実際にアマゾンからもらえる金額です。

式にすると、
「販売価格+配送料-手数料=入金額合計」となります。

しかし、配送は自分で手続きをしなければならなりません。

つまり、
「入金額合計-仕入れ価格-送料=利益」ということになります。

ヤフオクやメルカリと比べると難しいですね…

何度かやっていくうちになれてくると思います。

他のサイト・アプリでの販売方法は下記事から


http://daigakusei-money.xyz/how-to-yahooo/

スポンサーリンク

コメント