【受験生必見】大学受験浪人は辛いのか?【僕が体験した1年間の話】

勉強
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は、実際に1年間浪人をした僕の実体験を元に書いています。(naverまとめから移転)

勉強法などはまた別の記事にて。

 

今回は、浪人を考えているけど周りに話を聞ける人がいない。辛くて苦しいってよく聞く。ほとんどの人が失敗するんでしょ?浪人すれば早慶なんか余裕?旧帝一工神筑にも行ける?などといった疑問にお答えします。

 

私は成功しました
結果から書きますが僕は浪人をして無事に現役時代からの第一志望の大学に合格できました。(現役時代はセンターの点が低く志望校の2次試験を受けることさえできませんでした…)
センターの得点は629から759になりました。130点アップ!

 

なぜ成功したのか

自分なりに考えてみた結果、環境が1番大きかったと思います。僕は国立後期の合格発表の前に友達と一緒に予備校探しをして入校しました。その友達は僕よりも頭がいい人だったので僕は置いて行かれないようにするために必死で勉強しました。友達とは通学の時以外は下校まで常に一緒にいました。(さぼるときも一緒でした笑)浪人は1人でやるべきだ!という人もいますが僕は尊敬できる友達と高め合いながら浪人生活を送るべきだと思います。(友達と一緒に現役時に受験失敗しろというわけではないです笑)
 

浪人はきつくてつらい?

 

僕もこのイメージを持っていたので「1年間も頑張れるのだろうか…」と浪人に対する抵抗がありました。
夏休みも冬休みも無しで勉強を続けるのは大変なことです。
しかし、実際に浪人生になってみると不思議と慣れてしまってそんなにきついとは感じませんでした笑
ルーティンさえ確立してしまえばいいのです。慣れって怖いですね。個人的にはやることが決まっている浪人生のほうが大学生よりも楽かも?贅沢な悩みであります。

 

浪人生は合格できない?
浪人生の成績は
3割が上がる
4割が維持
3割が下がる
と言われています。

「浪人して成績が伸びる人はせいぜい2~3割程度」と言われており、7~8割は現役時と変わらないか、逆に成績が下がる可能性もある

出典http://utsunomiyasoh.blog.fc2.com/blog-entry-315.html?sp

浪人生の8割は現役時代よりも成績が落ちるという事実

出典https://koejima.com/archives/846/

私は浪人生が10人(現役生メインの予備校なので浪人生は少なめ)ほどの予備校に通っていたのですが第一志望の大学に合格したのは4人でした。
しかし、現役時代よりもいい大学に合格したのは先ほどの4人を入れて7人でした。
ですので浪人したら成績が下がってしまうかもしれない…という人はごく少数で真面目に取り組めば成績は上がります。
予備校でおしゃべり、スマホゲーム、パソコンで隠れてtwitterをしていた3人は行方知れずです

 

浪人生でも努力すれば結果はついてくる!!

 
私の周りの浪人仲間は成績が上がった人が多かったです。
覚悟・目的があるのなら浪人することをぜひ勧めます。
 
 

僕の浪人時代1年間の流れ

3月 友達と予備校探し
4月 予備校生活スタート やる気MAX
5月 予備校の屋上の長めの良さに驚く
6月 予備校近くの川沿いをフラフラ
7月 勉強
8月 予備校のメンバーで花火大会
9月 予備校から離れたところにある川沿いをフラフラ
10月 志望校の偵察(あえてオープンキャンパスでない日に)
11月 予備校近くの公園で紅葉を眺める
12月 予備校から離れたところにある公園で紅葉を眺める
1月 年末年始はしっかり休む センター直前はがっつり勉強
2月 国立前期試験までは家にこもって1人で勉強
 
スマホのアルバムを見て1年間を振り返ってみました。7月は特に思い出がありませんでした。センター後から前期試験までの間が一番きつかったです…。1人で家にこもって勉強する宅浪はとてもじゃないけど僕にはできないです。
 

さぼっても大丈夫なの?

さぼり=悪 と思われるかもしれませんが大丈夫です!(さぼりというよりリフレッシュのほうが正しいかもしれません)
毎日同じことの繰り返しで勉強ばかりしていると必ずやる気の出ない日がやってきます。
そういう時はいつもの半分くらいの勉強量にして休憩してください。私は友達と一緒に川を眺めたり公園まで散歩したりしていました。
時には体を動かすことも重要です!
 

1週間・1日の流れ

月曜から土曜日までは予備校に行っていました。
日曜は完全なオフにして全く勉強していませんでした。
ちなみに休みなしで毎日予備校に通っていた予備校仲間もいましたがあまり成績は伸びていませんでした。
1日の流れは
8時起床
9時予備校
13時お昼ご飯
15時お昼寝
22時帰宅
24時就寝
といった感じです。
お昼寝は本当に大事です!
するとしないでは午後からの効率が大違いです!!
(ただし長くても1時間くらいがいいです
昼寝の効果は夜の3倍。15分の昼寝でも効果大!

昼寝には記憶力を高められる効果があるために、受験勉強中の昼寝は怠惰ではなく、より勉強の効率を上げられる工夫といえるでしょう。

出典昼寝の効果8つ【時間・脳・肌】

 

浪人生の楽しみって?

 
意外とあります。
・ドラマ、金曜ロードショー(これのために早引きしたことも…)
・リフレッシュという名のさぼり(予備校を抜け出すあの感覚…やめられません)
・お風呂(湯船につかったら思わず声が出てしまいます)
・睡眠(言わずもがな)
・模試のたびに上がる自分の点数、判定(最初のころは見たこともないような偏差値がとれます)
・面白い問題に出会う(素直に感動します、そしてそんな自分に気づき成長を実感)
などなど些細なことでも楽しみを感じられるようになります笑
 

以上が私の体験談です。
これで浪人に対するイメージが変わったでしょうか?
浪人生でも勉強すれば必ず結果はついてきます。最後に僕が好きな言葉を皆さんに、
Your effort will surely bear fruit.

 

コメント